Calendar

7月
3
7月 3日 13:00
Orquesta Del Cero Live
ラテンバンド「Orquesta Del Cero」の七夕ライブです。
3丁目カフェ恒例となりました、当バンドの七夕ライブ、今年も楽しいラテンのリズムをお届けします。
暑い夏の始まりには、キューバの名曲の数々、カリブの風が吹いてくるような爽やかな曲をお楽しみください。ご来場、心よりお待ちしています。
7月
10
7月 10日 18:30
高久知也 CAFE BGM

自治体の要請により、開場・開演時間が変更になる可能性もあります。

密を回避するため、席数を制限してお送りします。
ご飲食のタイミング以外はマスク着用をお願いします。

高久知也HP http://tomoyatakaku.com

7月
13
7月 13日 18:00 21:00
袴塚セッション

袴塚淳さんを招いてジャズセッション
各楽器・ボーカル、ジャズ・ポップス歓迎
*譜面3部お持ちください

18:00開場~18:30スタート~21:00終了
参加費2,000円(ワンドリンク付) リスナー1,000円(ワンドリンク付)

7月
17
7月 17日 13:00 14:00
ソンリーサ Summer Live

パラグアイハープ(アルパ)で夏を奏でる

7月
23
7月 23日 12:00
太陽のブランチ フイエスタ フラメンコと共に

Flamenco show time 12:00-14:00
Bar timme 14:00-15:00

※14:00- のBar timmeはご予約なく自由にご利用頂けます。
キャッシュオンにてスペインワイン、タパスをお楽しみください。

7月
29
7月 29日 13:00 16:30
あひるの会(音楽会)

要予約

好きな音楽ジャンルを皆様の前でご披露して頂き、
会員同志お互いに楽しみ、親睦を深めていけたらと思います。
賛同していただける方を募集します。

*ジャンルは自由
ギター弾き語り、ウクレレ弾き語り、ピアノ弾き語り、楽器演奏 及び
ボーカルではカンツオーネ、ジャズ、ラテン、シャンソン、歌謡曲などいかなるジャンルでもOKです。

*リスナーも歓迎
会員以外の方で、聴くだけのリスナー参加も大歓迎です。

*料金
受付終了・伴奏者不要の場合 3000円(ドリンク付き)(2曲/人)
受付終了・伴奏者必要の場合 4000円(ドリンク付き)
受付中・リスナー入場料 無料(1ドリンク・オーダー願います)

*当日リハーサル 11:00〜12:30

*なお、3丁目カフェでランチも用意もあります(各自オーダー)

7月
30
7月 30日 19:00
SHORT SHORTS

ビートルズやローリングストーンズのカバーを中心に60~70年代の名曲の数々を圧倒的な演奏力と素晴らしいハーモニーで魅了する ”SHORT SHORTS”
元矢沢ファミリーのキハラトシオ&岩崎はじめ、HANABI等で活躍する清水淳。 ミュージシャンズミュージシャンによるスペシャルライブ!

8月
20
8月 20日 18:30
椛島恵美Solo concert 『ONGAKU』
8月
21
8月 21日 13:30
【満席御礼】宵月バンドJAZZ LIVE

【満席御礼】お陰様で満席となりましたので、大変恐れ入りますが次回宵月をご期待願います。

開場13:00 / 開演13:30

日本語で歌うジャズ♫
この夏は、ラテンジャズと琉球の風に乗って、弾けませんか😆
浴衣でのご来場、大歓迎❣️
小さなお子さまも一緒に踊りましょう😊

曲目
✨Summertime
✨Quien sera
✨てぃんさぐぬ花
✨はらぺこあおむしの絵本歌い聞かせ ほか

 

【ヴォーカリスト日比野さだ美】
大阪音楽大学声楽科卒業後、 ミュージカルの舞台を目指し、ニューヨークへ。滞在中にジャズと出会い、帰国後は、都内のジャズクラブで演奏活動を始める。 心に浸透する透明感のある歌声で、「日本語で歌うジャズ」をテーマに日本の名曲にジャズのエッセンスを加えたCD「宵月」Yoizuki「夢見月」Yumemizuki  をリリース。

【ピアニスト 深井克則】
大阪芸術大学(作曲科)卒業後、 「高橋達也と東京ユニオン」「原信夫と♯&♭」をはじめ様々なセッションに参加。 松岡直也亡き後『ラテンジャズピアノ』の第一人者と称される。 ジャンル/カテゴリーにとらわないコンサートをプロデュースするため、【ジャズ界の仕掛人】の異名をとる。その活動は、小編成の『深井克則MUSIC BANK』、9人編成のラテンジャズオーケストラ『深井克則BANDA CALIENTE』ビッグバンド『深井克則BANDA CALIENTE GRANDE』『深井克則The TRiO』『DUO with Amigo』ピアノソロまで、ありとあらゆる編成に渡り、全国各地でコンサート・ライブに出演中。

【ベーシスト  八尋洋一 】
日本人離れしたグルーブを聞かせるベーシスト八尋洋一は、10代をスペイン・カナリア諸島で過ごし、ラテン音楽に精通する。帰国後様々なバンドに加わってライブ活動を展開。国府弘子バンドでは1991年以降からほとんどのステージに参加、いまや国府サウンドの要ともなっている。「スピック・アンド・スパン」「日野皓正エレクトリック・バンド」「大貫妙子」「中本マリ」「遠藤律子」他多数のバンドにも参加している。ブラジリアン、ラテン、ロック、ジャズ、フュージョンと幅広い分野でクリエイティブな演奏で人気を博している。身体ごとグループする圧倒的なリズム感は他の追従を許さない。

【ドラムス 岩瀬立飛】
1988年渡米しピーター・アースキンに師事。GROOVE SCHOOL OF MUSICの作編曲科、ドラム&パーカッション科を修了。帰国後、コナミの専属アーティストとして数多くの楽曲の提供、CM等の制作に携わる。 その後、数多くのミュージシャンのステージ、レコーディングに参加。ジャズ界でもめきめき噂が拡がり、佐藤允彦、松岡直也、前田憲男などをはじめベテラン勢をはじめレギュラーバンドを多く持つ。 現在は、エリックミヤシロEMビッグバンド、ネルビオ、雪村いづみ、深井克則バンダカリエンテ、松岡直也グループ、前田憲男ビッグバンド、柏木広樹CASA FELIZ、MJR他など。国府弘子とは1999年以降、国内外のほとんどのステージを共にしており、真摯な人柄と抜群の理解力でその信頼は無二のものである。 類まれなセンスと独特のグルーブで 数多くのミュージシャンから厚い信頼を集める”Tappy”こと岩瀬立飛。 自身が所属するバンド「宴」をはじめ、 教則DVD 「フィル・インの常套句」等、好評を博している。 常にポジティブな姿勢でチャレンジし続けるその姿は、まさにリズムの錬金術師といったところか。ジャズからオーケストラまで扱える作編曲家としても手腕を発揮する岩瀬だけに、今後の活動にも期待がかかる。